FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

材木について

青山造園がウッドフェンスなどで使用している木材について紹介したいと思います。

15335381350.jpeg

防腐剤注入の檜の板です。
10年以上前から使用していて親方いわくなんと!20年はもつらしいです。
この板に茶色や黒など塗ります。もちろんオフカラーで使う場合もあります。
この板の良いところは長持ちすることだけではなく節のついたより素朴な雰囲気を出せ、通常の檜の板より安価だからです。
これからウッドフェンスをお考えの方は参考にしてみて下さい。

宮前区での造園工事

宮前区での造園工事

施工前
15332065360.jpeg


施工後
15332065590.jpeg

4日程かけて作庭しました。
この庭は洗いだしのアプローチと御影平板を組み合わせたのと砂利敷き、植栽とシンプルな空間ですが、写真ではよくわかりませんが起伏などをつけて変化を出しています。
土が露出しているスペースはお施主様が家庭菜園、お花を植えられる様になっています。
施主様にも喜んでいただけたので経過が楽しみです。

茶室と露地


先日、茶室見学に行って来ました。
なぜ造園屋がお茶室見学と言いますと、茶室には露地と言われる庭があります。茶室は露地と含めて茶室と呼ばれることもあります。

15305817750.jpeg


露地には腰掛待合の他、飛び石、蹲、石灯籠などが配置されています。これらは実用的な意味のほかに様々な意味があります。露地はお客が飛び石を歩いて茶室に到達する非日常を楽しんでほしいという亭主の心尽くしなのです。
その露地をつくるのが我々の仕事です。もちろん近年ではそういう庭作りは少なくなってしまいましたが、お茶のおもてなしの精神や癒しの空間作りは今日の庭作りに精通しています。こういった露地を実際に見て触れて勉強することで我々青山造園は良い庭を作っていければと思います。

休憩所


先日、流し台を作成した貸し農園にて子供60人程休養できるスペースを作ってほしいとのことで、大工さんの力を借りつつ休憩所を造りました。
柱などはこだわって角材ではなく丸太材を使用した分、手間もかかりましたが、やっぱり丸太のいい味が出ていて素朴な雰囲気が感じられます。また柱と土間が雨水で濡れないよう盛り土をして仕上げてあります。
15303302370.jpeg



実用的なもの、テラスやデッキ、フェンスなど場合によっては水道を庭に入れることで、人が集う効果があります。

建築と庭の講義


先日、建築と庭についての講義を親方と我々がお世話になっている建築家の先生がしてきました。
住宅と庭。切り離されて考えられるより絡めて設計をする方が敷地全体に一体感がでてきます。建築家と造園家。両者が腕を組むことは足し算ではなく掛け算になるのだと感じました。
青山造園は家と庭で家庭を築くお手伝いをしています。
15280830480.jpeg

15278249290.jpeg

15278246720.jpeg
プロフィール

青山造園

Author:青山造園


青山造園のブログへようこそ!


青山造園について

川崎市・横浜市・東京23区を中心に住宅の庭・茶庭及び外構の造園・設計・施工を行っております。

和風・洋風にとらわれず、お客様のご希望やイメージから、その空間に合ったオリジナルな庭を環境に合わせて、ご一緒に考えさせていただきます。


青山造園ホームページ
http://aoyama-zouen.com

所在地
〒216-0015
神奈川県川崎市宮前区菅生3-29-11


お問い合わせ
TEL 044-977-0571

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。