FC2ブログ

剪定③

今回は忌み枝について

忌み枝は
放っておくと樹形が崩れる原因に


ではいくつか紹介したいと思います

1.明らかにビヨーンと伸びて飛びでている枝(徒長枝)
2.枝の途中から幹の方へ向かっている枝(内向き枝)
3.枝の途中から上向きに立ち上がっている枝(立枝)
4.下に垂れている枝(下垂枝)
5.一ヶ所に集中して出ている枝(車枝)

この忌み枝がわかると剪定の手助けになります

また、残しておくべき枝もついでなので紹介したいと思います

1.幹の近くから外に向かって素直に流れている枝(ふところ枝)
2.幹から新しくはえてきている枝(どうぶき枝)


これらはすべて切る、残す訳ではなく今後、いきるかどうかで判断します。
一応これで青山造園流剪定の基本の紹介は終了です。
後は応用力とセンスを高めるのみ

これまでに紹介した方法を用いて
シルエットを変えずに樹冠を小さくできたら成功です。

今後も手入れのことについて上げていこうおもっていますので、閲覧お願いします

次回は剪定の適期について、どうかなと
少し色々考えています
スポンサーサイト



剪定②

小透かしとは

前回、野透かしとは枝を元から切り、枝数を減らす作業というのを言いましたが、小透かしは元から切れないとき、幅を狭めたい時、葉の量をもう少し減らしたい時などの調整につかいます

野透かしよりは細かく枝を減らす作業

この作業と一緒に覚えておきたいのが枝の縮め方
一般的に切り戻しといいますが、小透かしのジャンルに含めてしまいます


では
切った枝で参考にしてやってみます
156.jpeg


ポイントはなるべく幹に近いところで切ること


155.jpeg

細かい枝も減らし、スッキリしました
切り戻しで大切なのは外に向かって自然に伸びている枝で受けることです。

実際にやるとこんな感じ
157.jpeg


あまり違和感ないですよね

受ける枝が貧弱だと固く仕上がってしまうので、
気をつけるポイント
常に枝先はスーッと伸びているようにするとやわらかい仕上りになります

次回は忌み枝について

プロフィール

青山造園

Author:青山造園


青山造園のブログへようこそ!


青山造園について

川崎市・横浜市・東京23区を中心に住宅の庭・茶庭及び外構の造園・設計・施工を行っております。

和風・洋風にとらわれず、お客様のご希望やイメージから、その空間に合ったオリジナルな庭を環境に合わせて、ご一緒に考えさせていただきます。


青山造園ホームページ
http://aoyama-zouen.com

所在地
〒216-0015
神奈川県川崎市宮前区菅生3-29-11


お問い合わせ
TEL 044-977-0571

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR