FC2ブログ

植える木をみたいという方へ

庭をつくる時に、植木を見たいという方が多くみられるので青山造園の植栽法について話をしたいと思います。

庭に植えられる木がどんなものなのか?その姿や雰囲気が気になるので、可能であれば前もって確かめておきたいと思うのは普通のことと思います。狭いスペースで単独に植えるようなケースではお客様が選んでも問題がありませんが、一定の場所に複数の木を配植する場合には考えて頂きたいものがあります。

お客様が気に入られる樹木はどのようなものかと言えば、まず全体の姿かたちが整って格好の良いもの。また枝葉が茂って青々ときれいで元気そうなものではないでしょうか?片側に枝がなかったり曲がっていたり、下枝のないような貧弱な木を選ぶことはないでしょう。全体に枝のある真っ直ぐで、整った木ばかりを選ぶのではないでしょうか?特に豪華な株立ちを選びがちです。

庭を作る者がこのように木を選ぶようでは失格と思います。

その訳は野球のチームつくりに例えると、四番を打てる選手を五人・六人そろえて強い良いチームができるでしょうか?また優れた生け花の先生が、心を込めて活けた作品をばらしてみると主役の花や枝に混ざってなんの変哲もない曲がった枝や葉のさびしい枝などで構成されているものです。

そう考えると立派で整った植木ばかりで作られた庭はどうもおかしいかな、と気付かれると思います。そういった庭は植木の展示場のようになりそうです。足りない姿の木々を組み合わせその構成で美しい空間を作ることを心がけています。(と言っても姿の良い株立ちのものも使いますが。)
整った木ばかりで作られた庭より味や深みがでて、飽きのこない庭になるものです。良い映画は渋いわき役がそろっていませんか。

また植木選びにはもう一つ大切なものが含まれています。それは植物なので成長し続けるということです。何種類もの木々や草木の三年後・五年後・十年後を想像しながら、草木を選び庭に納めるのですが、各種成長の仕方が違いそこに複数の剪定方法と組み合わせの上で樹種や植える位置、大きさのバランス・快良い空間など考えてつくっていくのですが、いくつもの要素が関わり複雑になります。

単なる植栽ではなく庭つくりとなると、お客様の希望を考えに入れた中で主役やわき役木々の個性を生かした庭を作りたくなります。
この辺の植栽は任せて頂きたく思います。


青山造園代表
本川勇



スポンサーサイト



剪定③

今回は忌み枝について

忌み枝は
放っておくと樹形が崩れる原因に


ではいくつか紹介したいと思います

1.明らかにビヨーンと伸びて飛びでている枝(徒長枝)
2.枝の途中から幹の方へ向かっている枝(内向き枝)
3.枝の途中から上向きに立ち上がっている枝(立枝)
4.下に垂れている枝(下垂枝)
5.一ヶ所に集中して出ている枝(車枝)

この忌み枝がわかると剪定の手助けになります

また、残しておくべき枝もついでなので紹介したいと思います

1.幹の近くから外に向かって素直に流れている枝(ふところ枝)
2.幹から新しくはえてきている枝(どうぶき枝)


これらはすべて切る、残す訳ではなく今後、いきるかどうかで判断します。
一応これで青山造園流剪定の基本の紹介は終了です。
後は応用力とセンスを高めるのみ

これまでに紹介した方法を用いて
シルエットを変えずに樹冠を小さくできたら成功です。

今後も手入れのことについて上げていこうおもっていますので、閲覧お願いします

次回は剪定の適期について、どうかなと
少し色々考えています

剪定②

小透かしとは

前回、野透かしとは枝を元から切り、枝数を減らす作業というのを言いましたが、小透かしは元から切れないとき、幅を狭めたい時、葉の量をもう少し減らしたい時などの調整につかいます

野透かしよりは細かく枝を減らす作業

この作業と一緒に覚えておきたいのが枝の縮め方
一般的に切り戻しといいますが、小透かしのジャンルに含めてしまいます


では
切った枝で参考にしてやってみます
156.jpeg


ポイントはなるべく幹に近いところで切ること


155.jpeg

細かい枝も減らし、スッキリしました
切り戻しで大切なのは外に向かって自然に伸びている枝で受けることです。

実際にやるとこんな感じ
157.jpeg


あまり違和感ないですよね

受ける枝が貧弱だと固く仕上がってしまうので、
気をつけるポイント
常に枝先はスーッと伸びているようにするとやわらかい仕上りになります

次回は忌み枝について

剪定①

今回は剪定法の一つ野透かしについて

少ない枝数で樹形をつくっていく剪定法のこと
この方法をつかうと細かくさわる枝が減るので手入れがすごく楽になります。

ではこのモミジを参考にやっていきます。
151.jpeg


まずノコギリで枝を何本か元から切ります、
最初は思い切りが必要ですが、切り出した後の完成形をイメージすることが大切です。

この作業で全体の30%位枝葉の量を減らします。

その後、ハサミで枝葉の量が多いところを切ります。
完成形がこちら
152.jpeg


この野透かしは日頃から入れ換える枝を考えておくことが大きなポイントです
今回はここまで次回は小透かしについて上げようとおもいます

禅寺丸柿

現場の終わった後に

柿生にある王禅寺境内に
禅寺丸柿という柿の品種の原木があるというので、どんなに大きいのかと思い見てきたら


153.jpeg


思ったより小さかった

近くにあった石盤の説明書きは字がかすんで読めなかったので、調べてみると
すでに原木の本体は枯れていて原木から出てきたひこばえがまだ生きており、

国の登録文化財に指定されているみたい
樹齢450年らしいです。

王禅寺境内の中の雰囲気もいいので、近く通ったらぜひ
プロフィール

青山造園

Author:青山造園


青山造園のブログへようこそ!


青山造園について

川崎市・横浜市・東京23区を中心に住宅の庭・茶庭及び外構の造園・設計・施工を行っております。

和風・洋風にとらわれず、お客様のご希望やイメージから、その空間に合ったオリジナルな庭を環境に合わせて、ご一緒に考えさせていただきます。


青山造園ホームページ
http://aoyama-zouen.com

所在地
〒216-0015
神奈川県川崎市宮前区菅生3-29-11


お問い合わせ
TEL 044-977-0571

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR